クリニックブログ

  • HOME
  • 医院コンセプト
  • 医院のご紹介
  • 診療内容
  • スタッフ
  • 診療時間・アクセス
  • クリニックBLOG

夏季休暇のお知らせです。

〜〜〜〜 夏季休暇のお知らせ 〜〜〜〜

新型コロナウイルス感染症の終息がなかなかみえない状況で、皆様不安な日々をお過ごしかと思います。
お口の中はお変わりございませんか?口腔ケアは感染症対策の大事な要素です。
以前よりご自宅で過ごす時間が多いと思いますので、まずはホームケアに努めましょう!
当医院は感染対策を徹底し診療を行っておりますので、お困りの際はいつでもご連絡ください。

誠に勝手ながら、下記の日程を夏季休暇とさせていただきます。

8月8日(土)〜 8月16日(日)
8月17日(月)より通常診療いたします。

その他の休診日・土曜診療日は、ホームページトップ画面右側のカレンダーをご覧ください。
詰物・被物の脱離、急なお痛みなど、急患は随時対応いたします。
休暇前後は混雑が予想されますので、お困りの方はお早めにご連絡ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

プラスティックサージェリー勉強会

20200717.jpg

昨日、勉強会を行いました。内容は外科実習です。
もちろん執刀医は院長、患者はスタッフの一人で、上顎8本の歯肉形態修正手術を受けました。
確実な診査診断と手早い処置のお陰で、出血量も少なく、術後の腫れも最小限でした。
お疲れ様でした!
歯肉の治癒をこれから観察し、より素敵な笑顔を楽しみにしています!

笑うと前歯の歯茎が良く見える、歯茎が厚くて歯が小さく見える…
ガミースマイルが気になる方がいましたら、お気軽にご相談ください。

冨田さんお疲れ様でした!

20200716.jpg

主にメインテナンスを担当していた衛生士の冨田さんですが、しばらく産休でお休みとなります。
土屋歯科では一番経験豊富な彼女、患者様もスタッフも復帰を待っています!
元気な赤ちゃんを産んで、戻ってきてくださいね!

唾液を出してコロナ対策!

20200708.jpg

新型コロナウイルス感染症の対策として、口腔ケアの重要性が注目されています。
特に歯周病とウイルス感染の関連は、100年前のスペイン風邪の大流行時から報告され、
近年の研究では、なぜ歯周病を患っている人にウイルス感染が起きやすいのか、
その理由も解明されています。
そういったことから、お口の健康は感染症を予防するためにも大切です。

唾液の中には様々な菌や成分が混在していますが、抗菌成分としてラクトフェリンと
ラクトパーオキシダーゼがあり、お口の衛生状態を守る大切な成分です。
特にラクトフェリンは歯周病菌の毒素を不活性化すると言われています。

唾液を豊富に分泌するために、ガムやタブレットを召し上がることは効果的です。
当医院では、歯にやさしいキシリトール入のものや、
より口腔内の菌質バランスを整えるものを販売しています。
それぞれの効能や成分に関しては、詳しくは歯科衛生士へご相談ください。

新型コロナウイルス対策の一環として、お口の中の環境にも是非気をつけてください。

「歯と口の健康習慣」です!

20200604.jpeg

新型コロナ感染症の情報が日々いろいろと飛び交っていますが、
お口の中の健康が、感染症対策や全身の健康につながることは、皆様もご存知かと思います。

6月4日〜10日は「歯と口の健康習慣」です。
この機会にもう一度、歯と口の健康を見直しましょう。

歯と口の健康を維持することは歯周病をはじめ、糖尿病や心疾患を予防することにつながります。
また、高齢期になり、心身の機能や活力が衰え、虚弱になった状態を「フレイル」と呼びます。
特に、口の働きの衰えは「オーラルフレイル」といい、口に関する些細な衰えを放置しておくと、
日常生活に支障をきたす恐れがあります。

40代になると、人間ドッグで少々ドキッとするような結果が…
実はお口の中も40代からフレイルが始まっているのです!

歯のクリーニングをしばらくしていない…
歯を磨くと出血がある、歯茎が腫れる
詰物や被物が外れてしまった…
歯を失ったまま放置…
そのままにしていると、ますますオーラルフレイルが進行してしまいます。

新型コロナウイルスで、健康に日常を過ごせることが大切かを痛感した今、
この機会にお口の中も健康にしましょう!
当医院では、歯の健康診断も行っています。是非お気軽にお問い合わせください。

6/1より通常診療を行います。

〜〜〜〜 6/1より通常診療のお知らせ 〜〜〜〜

新型コロナウイルス感染症対策として、診療時間短縮にご理解とご協力いただき、
誠にありがとうございます。

昨日、東京都も非常事態宣言の解除が発表されました。
つきましては、当医院の短縮診療は5月29日(金)までとし、6月1日(月)より
通常診療を行うことといたします。

ただし、徹底した院内感染対策は継続して参りますので、引き続き検温や院内での
マスク着用などにご協力ください。何卒よろしくお願い申し上げます。

全身の健康には、まず口腔内の状態を良好に保つことが、何より重要です。
当医院は患者様の健康のサポートを使命とし、今後も万全たる感染症対策を行いながら
診療を行って参ります。

短縮診療延長のお知らせ

〜〜〜〜 短縮診療延長のお知らせ 〜〜〜〜

感染症対策に対し、診療時間短縮にご協力いただき誠にありがとうございます。
情勢を考慮し、実施期間を延長することといたしました。

実施期間に関しましては今後の政府からの発表によりますので、
ご予約の上、受診下さいますようお願いいたします。

患者様・スタッフの安全のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

皆様の健康のために

top_covid%203.jpg

感染症対策に対し、診療時間短縮にご協力いただき誠にありがとうございます。
皆様においては、非常事態宣言の最中、新型コロナウイルスに関する様々な情報が飛び交い、
不安な日々をお過ごしかと思います。

日本中が自粛に努めている中、お口の中を触る歯科医院へ通院してよいものかと、
考えてしまうかもしれません。
しかしながら、本来歯科疾患は全身疾患との関連性も深く、早めの対処、
特に予防が重要と考えます。
そのため当医院では、日頃よりメインテナンスにも力を入れています。

不衛生な口腔内は、腸内環境の乱れによる免疫力の低下、
中高年の誤飲による肺炎のリスクを高めます。
また、歯周病菌が全身に及ぼす危険性はご存知の方も多いと思います。
お口は喉、肺、消化器官などと直結しているため、口腔内を清潔に保つことは、
ウイルス感染への水際対策となります。

『「ウイルス感染に対抗する歯科の重要性」として、口腔健康管理(口腔清掃)は
ウイルス感染対策に有効という情報もあります。(参考:日本歯科医学連合会ホームページ)』

とはいえ、クリニックへの往復の移動や日常生活内で感染症にかかる可能性は
ゼロではないので、通院には充分な注意が必要です。
また、普段よりご自身で感染症予防が難しい方、体調が優れない方、
その他にご高齢の方、持病のある方(糖尿病、心疾患、呼吸器疾患といった慢性疾患)は、
念のため現在は通院の自粛をお願いしております。

〜通院を延期、一旦中断する患者様へ〜
しばらく通院をお休みする方、延期をされた方は、症状が悪化しないよう下記に努めてください。
・しっかりとしたブラッシング、ホームケアの実施
・十分な睡眠とバランスの良い食事(免疫力の向上)
・ストレスを溜めない規則正しい生活
・マウスピース装着の継続
・禁煙

様々な自粛、マスクやうがい・消毒などの物理的な予防はもちろん大切ですが、
最も重要なことは「私たち自身で自分の免疫力を高めること」です。
それには栄養の有るものを不自由なく美味しく食べ、体にエネルギーを供給し、
笑顔を絶やさず健康に過ごすことが必要です。
それには、口腔内のケアは欠かせません。

歯科医師はじめ全てのスタッフが、患者様の免疫力アップ・健康のサポートを使命とし、
医療物資不足の中、感染症対策を徹底し診療を行っています。

患者様には日頃の体調管理、感染症予防にご留意いただきますとともに、
この難局を共に乗り越えていきましょう。
情勢が落ち着きましたら、中断、延期をされている患者様はお振替の予約をお取りください。
こちらからも随時ご連絡をさせていただきます。

受診される患者様へお願いいたします。

〜〜〜〜 受診時のお願い 〜〜〜〜

このたびのコロナウイルス感染症拡大による「緊急事態宣言」に対応し、
現在、診療時間を短縮し診療を行っています。
受診の際は、前もってご連絡をくださいますようお願いいたします。

なお、受診の際は下記の実施にご協力をお願いいたします。
・待合室でのマスク着用
・簡単な問診
・検温(可能な方は、受診前に済ませてお越しください。)
・身体の除菌、手洗い、うがい
・咳エチケットとして、治療中のハンカチまたはティッシュの携帯

なお、微熱のある方や体調がすぐれない方は決して無理をせず、
予約の調整を行いますのでご連絡ください。

患者様・スタッフの安全のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

インプラント YEARBOOK 2020

20200414.jpg

新型コロナ感染症対策として、予約調整などにご協力とご理解をいただき、
皆様へ心より御礼申し上げます。

今回のブログは、院長と歯科技工士 犬飼徹さんとの共同執筆記事のご紹介です。
犬飼さんは、長年お世話になっている技工士さんの一人です。
調和のとれた被物を製作するためには、歯科医師と技工士との連携も重要です。
こちらは専門誌となります。

土屋 賢司・犬飼 徹
インプラントAadvaシステムの臨床応用とラボコミュニケーション
別冊 ザ・クインテッセンス
インプラント YRARBOOK 2020
クインテッセンス出版株式会社

一刻も早く日常生活が戻りますよう、私たち一人一人が出来ることを実行しましょう。
急なお痛みや不具合には迅速に対応しますので、その際は遠慮なくご連絡ください。