クリニックブログ

  • HOME
  • 医院コンセプト
  • 医院のご紹介
  • 診療内容
  • スタッフ
  • 診療時間・アクセス
  • クリニックBLOG

メインテナンスについての勉強会

0901.jpg

昨日は9/1防災の日でした。
日々の生活におわれていると、防災について考える時間はなかなかありませんが、
年に一度くらいは、いざという時のための備えを用意したり、最低限の確認はしておくべきですね。

8月末の九州北部における豪雨により、甚大な被害が発生しました。
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、先日定例となった勉強会を行いました。
今回は衛生士さんが、日々の衛生士業務で気をつけている内容をスライドにまとめ、
院長も交えてディスカッションをしました。

当医院には、メインテナンスをメインに通院している方が多数いらっしゃいます。
その殆どが長い治療を終え、定期的に来ていただいている方です。

当医院のメインテナンスは、ただお掃除をしているだけではありません。
問題の早期発見、咬み合わせのチェック、粘膜の異常チェックなど…
限られた時間の中でいくつも確認をしています。

被物や詰物、インプラントを少しでも長く快適に使っていただくため…
歯周病の治療 …など、メインテナンスの主訴は人それぞれですが、
患者様と衛生士さん、両方の努力が皆様の笑顔につながっているのですね。

院長も自分が治療した被物に問題が起きないよう、いわばパトロールをしてくれている
衛生士さんたちは、チーム医療の誇りと思っているに違いありません。

患者様、被物や詰物は一生ものではないと、どうか認識をしてください。
治療前にこんな質問をよく受けます。「インプラントや被物は何年もちますか?」
もちろん少しでも長くもつように、色々なことを考慮して最善の治療をします。
でもインプラントも被物もあくまで人工物です。使っていれば、どうしても消耗してしまうのです。
歯周病も一通りクリーニングを終えても、完治はありません。

是非、それを認識していただき、定期的にメインテナンスにお越しください。
当医院の衛生士が、共に皆様の健康をサポートしていきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tdc-andworks.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/505

About

2019年09月02日 11:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「9/11〜9/16 休診のお知らせ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。